2012年06月01日

ネスプレッソが、ごいす


アントレハウス銀座の住人こと、一般社団法人いっぱんじん連合の宮原さん
の友達のFaboの伊藤です。

たまには宮原さん以外もBlogを・・・ということで勝手に代筆です。

宮原さんほど「ガーリーでポップな」記事は書けませんので、いいから宮原に書かせとけ〜っという
ファンの皆さん、すみません。

 

さて、アントレ銀座では「お水が、すごい」で紹介した水をつかって、ネスプレッソで美味しい
コーヒーが飲めるのでその秘密をご紹介したいと思います。

 


  あれ、この記事のタイトルが「ごいすー」ってもしかして業界人?っていうか寒くない?という方は
  タイトルの違いに気が付く注意力がすごいです。大したものです。
  宮原さんも気が付かなったかハズです。


ところで ネスプレッソって何?って? あ、失礼しました。Nespressoと書いたほうが
日常会話がほぼ英語なインターナショナル、ハイファッションな街、銀座界隈人間
にはわかりやすいですよね。


 もしくはジョージ・クルーニの友達の方はこちらのCMを見ていただいた方がわかりやすいですよね。

 



 

 


ハリウッドスターよりも格上のマシン


さらに、アントレ銀座にあるマシンはこのCMよりも上位マシンの「ラティシマプラス」という
ふわふわのフォームミルクをつかった香り高いカプチーノも作れちゃうハイスペックマシンです。 

 

NespressoRed.jpg

しかもアントレハウス銀座のテーマカラーに近いガーリーな色です。

あ、ガーリーの意味がわかってないのに使っているので間違っていたらこっそり教えて下さい。 

 

 

 


ある日ブティックからやってきた

 

なんだか自慢気に受け売り情報書いてますが、わたくし、当初はインスタントコーヒーを美味しく入れる
マシンの方
と勘違いしてました。サーセン。


まぁ、こちらもいいですが、ザギンには専用ポーションを使う、Nespressoの方がお似合いです。


なぜならば、アントレ銀座のすぐ裏に銀座松屋があるのですが、(あ、アントレ銀座が銀座松屋の裏にあるのか…)

そのデパ地下スイーツ売り場の一角にNespresso専門店があるくらいですから。

 

その名もネスプレッソ ブティック 松屋銀座店です。ブティックですよ、ぶてぃっく。


なんだかも〜 ハウスマヌカンが出てきちゃうレベルですよ。ハウスマヌカンって何?
というあたりで世代がわかれそうな気がしますが、それは放っておきます。

 

 

アントレ銀座のマシンもこのブティックで購入したものなので血筋は間違いないです。そうです、
例えるならいいところのお嬢様です。彼女も素敵なところに嫁いだと安心した顔してます。

いい顔してます。ええ、そう見えます。私も妻と出会ってなかったら、どうにかなっちゃった
かもしれないぐらい素敵なお嬢ちゃんです。


 

 


肝心の味ですが、アントレ銀座のすぐ裏にあるス○ーバッ○スに劣らない味ですよ。

(ス◯バのバリスタ関係者の方すみません。)

 

 

 


 使い方マニュアル 

さて、前置きながいですが、ここからはNespressoの使い方マニュアルも兼ねて、アントレ銀座の”お嬢様”をご紹介します。


 

 

 ns01.png


 


 ns02.png

宮原さんもいささか緊張しているため、本当は右手に牛乳を持とうと思っていたのに間違えちゃったらしいです。

 

 

 

ns03.png

あ、この写真撮った時はまだウォータークーラー設置前でした。なので、ペットボトルの水を入れてます。

 

 

 

 

 

ns04.png

この作業が最初でも問題ないですが、節電のため、ギリギリまでスイッチ入れないスマートな方法を採用しています。

 

 

 

ns05.png

この工程忘れるとそのまま下にドバドバ出てくるだけです

 

 

 

 

ns06.png

えーっと、はじめて入れたときはこの作業に気づかず、ノズルが「気をつけーッピ」という姿勢

のままでカップに入らずドバドバ出ただけでした

 

 

 

 

 

ns07.png

びっくりするぐらい ふわふわのフォームが出てきますからね。

 

 

 

ns08.png

いろいろな味があります。 でもよくわからないので、好きな色でいいんじゃないかな

 

 

 

 

ns09.png

この工程は気合入ります。かなりメカニックな作業です。

 

 

ns10.png

初回はカプチーノ(大)がお勧めです。

 

 

ns11.png

あ、書いちゃったよ、さっきまで◯タバとか気を使ってたのに・・・

 

 

ns12.png

銀座の大人の嗜みとしてすぐに掃除しましょう。

 

 

 

 

 

 


ね、すごいでしょ? ごいすぅでしょ? 



この珈琲がアントレ銀座ではわずか100円で飲めます。


「ごめんね税込105円」ではなく、100円で飲めます。



うまい棒4本とガリガリ君1本我慢するだけで   

スタ◯バックスのキャラメルマキアートTallを一回我慢するだけ4杯飲めます。


 


「100円でもお高いわねぇ」という交渉上手なマダムは銀座松屋のブティックに行って、買う気満々のフリをすれば試飲できます。たぶん。


 


しかし、相当な演技力と根性があるか、ジョージクルーニーのマブダチでもない限り、毎日試飲するのは大変でしょう。

ですから、さっさとアントレ銀座に来て、仲間になってNespressoを飲みましょう。


 


さて、このNespressoさんは、横においてある貯金箱にみんなが100円入れて飲んでいるのですが
この売上が尋常ではなく、順調にそして順風満帆な滑り出して伸びています。


seisekitop.png

アントレハウス銀座の住人はこの売上No.1の”お嬢様”に嫉妬しながらも今日も美味しいコーヒーを飲んでおります。

 

ぜひ皆様も飲みに来てください。





posted by EnterG at 00:00| Comment(1) |  └設備と雰囲気の紹介特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。